クリアファイルの細かな工夫

●クリアファイルに施された工夫

プリント制作したクリアファイルは一見シンプルな作りのようで、そのディティールには書類を取り出しやすいように細かな工夫が凝らされているのです。

【上部にある半円の切り込み&下部の三角形の切り込み】

オーダー製作の激安クリアファイルの上の方は真っ直ぐではなく、半円に取られた部分があります。

そして下部接合面にも三角形の切り込みがあります。

上部の切り込みは、「指掛け」と呼ばれるものです。薄い格安クリアファイルは静電気を帯びやすいため、重なり合ったところがひっつきます。

指掛けを作成することで、特注クリアファイルをめくりやすく、書類を入れやすくしているのです。さらにこの指掛けは、中身が入った状態でかかる力を分散させ、変形するのを防いでくれるという意味合いもあるものです。

下部にある三角形の切り込み。これも力を分散させる働きがあります。

クリアファイルの下部接合部分は、書類を入れた時の負荷に対して一番弱い箇所です。

裂けてしまうのを防ぐためにあの切り込みは必要なのです。

●クリアファイルは何故反ってしまうのか

クリアファイルを立てて保管していたら、いつの間にか反ってししまっていることがありませんか?

クリアファイルは立ててスリムに書類を保管できることがメリットなのに、反ってしまっては中身が落ちやすくなってしまい用を成しません。

この反る現象を、クリアファイルのオリジナル印刷業界では「カール現象」または「花開く」などと呼びます。くるりと綺麗に外側へ反るのでこの名称になったと言われています。

さてこの現象の原因は、中身の印刷物にあります。挟んでいる書類にプリントされているインクが完全に乾ききっていない状態だと、クリアファイルの素材と化学反応をおこしてしまうのです。

クリアファイルに使われているポリプロピレンと、インクに含まれる揮発性有機化合物が反応してしまう訳です。一度反ってしまうとこの現象は元に戻らないので、書類を入れる際はインクが乾燥しているかどうかよく確かめてからにしましょう。

クリアファイル制作について
クリアファイル印刷の種類
クリアファイルについて
当店について
全サイトの一覧
更新履歴
2013年7月26日 「用語集」に「Illustrator」を追記致しました。
2013年7月8日 「用語集」に「PDF」を追記致しました。
2012年5月 「クリアファイル工房」サイトオープン