クリアファイルの活用方法

特注制作クリアファイルの活用方法とは何でしょう。

すぐに思いつくのは、やはり会社や自宅などでの書類整理ですね。

どんなにタブレット端末などの情報記憶媒体が発達しても、印刷された紙面というのは無くならないものです。

さて、オリジナル製作されたクリアファイルは嵩張る書類をコンパクトに収納出来る便利オーダーアイテムですが、その真価を十分に発揮するには、実はちょっとしたコツがあります。

こちらでは、気付きそうで気付かなかった激安作成クリアファイルの活用テクニックをご紹介します。

●クリアファイル活用のコツ

一つのファイルを持ち歩いている内に、何十枚もの資料プリントを一緒に詰め込んでしまった経験はありませんか?

多くの方が、いつも携帯していてすぐ取り出せる格安クリアファイルに、様々なカテゴリの書類をどんどん入れて行ってしまいます。

パンパンに膨らんだ激安クリアファイルでは、書類を一枚探すだけでも大変な時間が掛かってしまいます。

そのため、忙しいビジネスシーンなどでは手持ちがあるにも関わらず再度書類を印刷するという勿体ない事態になりがちです。

【A4ファイルには10枚程度がベスト】

クリアファイルの中で最も流通量の多いA4サイズは、実は“10枚”程度の書類収納がベストです。

意外と少ないと感じられる方が多いでしょうか。

しかし、ファイル本来の使用用途は「保管用」ではなく「提出用」。10枚程度の資料を1枚の冊子のようにまとめて提出するために、あの「薄さ」と「透明」な作りは考えられました。

つまり、一目で1部の書類テーマが把握出来るようにするのが、ファイルの得意仕事なのです。

【3色ぐらいで色分けしましょう】

ファイルの整理にお困りの方は、是非豊富に販売されているカラーバリエーションを活かしてみて下さい。

「契約用は赤」「事務用は青」「カタログ資料は緑」など、用途別に色分けするとぐんと資料整理の効率がアップします。

さらに、市販のラベルを貼れば同じ色のファイルがいくつもあっても分かりやすく、かつ細かく収納するクリアファイル本来の特性も役立てられます。

クリアファイル制作について
クリアファイル印刷の種類
クリアファイルについて
当店について
全サイトの一覧
更新履歴
2013年7月26日 「用語集」に「Illustrator」を追記致しました。
2013年7月8日 「用語集」に「PDF」を追記致しました。
2012年5月 「クリアファイル工房」サイトオープン